主旨(コンセプト)

「全国の大家のための大家の会」として
大家が賃貸人と管理会社、不動産業者、司法書士等々と連携を図るとともに
共存共栄を図りながら、
全国300万人※を超える大家のために英知を結集し大家の方々と相互発展を目指す。
※情報元 2014/7/29付日本経済新聞「賃貸用不動産を持ち、所得を得ている個人は320万人」

活動(具体的行動・成果)

  1. システム料(保証会社、保険、プロパン等)の陳情・話し合い
  2. 管理会社との共存協栄・関係改善
  3. 売買会社との共存協栄・関係改善
  4. 新規法案作りや、法律改正への陳情
  5. 資産活用会社との共存協栄・関係改善
  6. 情報交換(滞納者情報、悪徳業者の情報)
  7. 各種勉強会・相談など

メディア報道

2019年3月13日 坂東英二さんとの対談
日本大家協会についてお話すると共に、不動産業界・大家の課題や今後の在り方について語り合い、大変有意義な対談となりました。

2019年3月 ウチコミ講演(杉村太蔵さん、太田垣章子先生、大川氏が講師)
金融市場、日本大家協会、0賃貸、レオパレス問題、スルガ問題などについて講演をしました。